読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tomatobaba分室

吸ったたばこの備忘録とか色々。本家はここ→http://kazunani.blog.so-net.ne.jp/

添加物の多いたばこはダメだね

このサイトのレビューにある添加物:という欄について不思議に思う方もいると思うのでちょっと説明。

実は僕、普通の紙巻きたばこは体が受け付けない。

吐き気がしたり頭が痛くなったりで気分が悪くなってしまうのだ。

じゃあタバコ吸わなきゃいいじゃん!という話なのだが、生憎僕はタバコが好きだ。

 

タバコはうまい。

お茶と同じで少ない品種でも熟成具合、製法でここまで香りが変わるとはビックリだ。

天然自然の凄さを思い知らされる。

色々自分の体で人体実験的に試したところ、どうも世の中には気分が悪くなるタバコと

そうではないタバコがあることに気がついた。

 

不思議に思い調べたら、やれ燃焼促進剤だ巻紙の横線に火薬が入ってるだ調湿剤だ

保存料だ残留農薬だシートタバコだと色々な事が分かった。

しかし個人的にはどの添加物が悪さをしているのか僕にはよく分からん。

チンプンカンプンだ。

 

なので僕が実際吸った感覚で書いている。

この感覚も不思議なもので、不快感を我慢しながら毎日吸っていると段々体が慣れていくのか

吐き気も何も感じなくなってくる。

これをニコチン酔いだと誤解してしまう人もいるだろう。

初めてタバコを吸ったので体が拒否反応を示している説だ。

だが僕に言わせると、無添加無農薬タバコを毎日吸っている状態で

マイルドセブン(今はメビウスだっけ?)やセブンスター、ピースなどを吸うと

やっぱり気分が悪くなるのでこの説はありえないし間違いだ。

 

ちなみに僕は体には気を使っている。

ヘンテコな物はなるべく食べないようにもしている。パッケージの裏の原材料名は必ず見るタイプだ。

なのでたまに外食などで仕方がなく化学調味料入りの食事を摂るとテキメンに体が反応してしまう。

具体的に言うと夜眠れない、異常に喉が乾く、皮膚がかゆくなるし背中にブツブツも出来る。

この間缶コーヒーを飲んだのだが、意識がボーッとしてしまい気分も悪くなった。

何故だ?と思いあとで原材料名を見たが合成甘味料が入っていた。

 

紅茶のティーバックにも気をつけなければならない。

紙製ではなくナイロン製?のティーバックで入れたお茶を飲んだら、

胸にモヤモヤした不快感を感じ吐き気がした。難儀な時代になったもんだ。

 

言うまでもなく僕はコーヒーも紅茶も大好きでよく飲む。

なのにこうなってしまう。

 

これまでは自分だけが気にすれば良いことで誰にも言わなかったのだが、

もし自分と同じ思いをしている人がいたら参考にして欲しい。

実際に自分の体で試したので間違いない情報だ。

広告を非表示にする